経営コンサルタント、社員教育・経営セミナーなら。福岡・コンサルティング会社「NCBリサーチ&コンサルティング」

セミナーのご案内 Business Seminar

トップページ > セミナーのご案内 > セミナー一覧

「知らなかった!!」で済みますか?労使トラブルを未然に防ぐ『労働基準法の実務』

サービス残業に対する割増賃金の未払い、労働時間の管理、振替休日と代休の取扱い、年次有給休暇の取得、名ばかり管理職(偽装管理職)、退職・解雇への対応など、労働基準法にかかわる問題が後を絶たず、企業側の対応が待ったなしの状態ともいえます。労働基準法は、企業側と労働基準監督署等との見解の相違により、解決までの時間が長引くケースもあります。また、労働契約法をはじめ複数の労働法が絡むことで、企業側の対応がより複雑化しています。

本セミナーでは、会社と従業員との間で多くのトラブルになっている労働基準法にかかわる諸問題についての解決策・予防策、及び労働基準監督署から指導・勧告がなされた場合の対応法などを理解し、それぞれの企業に適した労務管理スキルを習得していただくことを目標とします。
このセミナーの詳細・申込み用紙をダウンロード

開催日時 2017年7月7日(金)
9:30~16:30(受付9:00~)
階層・分野 人事・労務・総務・法務
セミナー対象者 企業経営者、役員、総務部門管理職、人事・労務担当者
受講料 ※注
(1名様につき)
  会員 一般 このセミナーに申し込む
1名様 18,360円 23,760円
2名様以上 15,120円×人数 20,520円×人数
備考 *昼食の用意はございません。
*本会場での録音・録画・写真撮影、研修中のパソコンの利用はご遠慮ください。
*請求書が必要な場合は、その旨お書き添えください。
 ◆FAXでお申込みの場合・・・備考欄にご記入ください。
 ◆HPでのお申込みの場合・・・『連絡事項』欄にご記入ください。
*受講料は、セミナー開催の3営業日前までにお振込みください。(弊社営業は、土・日・祝日、年末年始を除く平日です。)
*受講料お振込先<お振込み手数料は貴社にてご負担願います。>
西日本シティ銀行 博多支店「(株)NCBリサーチ&コンサルティング」
普通口座 No.1245145
  • ※注 消費税・テキスト代を含みます。
  • セミナー当日のキャンセルは、ご返金致しかねます。
  • 当社の都合により開催を中止する場合は、お預かりしております受講料をご返金させていただきます。
セミナー内容
1.労働基準法とは
(1)労働者を保護するだけのものではなく会社を守るためのものでもある
(2)使用者と労働者
(3)労働者の「申告」の権利
(4)「労働基準監督官は司法警察官」とは
(5)労働基準法違反をするとどうなる?

2.労働契約について
(1)労働基準法違反となる契約事項が盛り込まれた労働契約について
(2)雇入れの際の労働条件の明示義務について
(3)不当な解雇とされる要件について
(4)普通解雇・整理解雇・懲戒解雇
(5)解雇が禁止される場合とは
(6)試用期間中と本採用後の取扱い

3.賃金について
(1)歩合給対象者への保障給
(2)年次有給休暇取得日の通勤手当や歩合給は支給しなくてもよい?
(3)賞与支給を「支給日に在職すること」を条件としても問題とならないか?
(4)時間外労働・休日労働・深夜労働に対する割増賃金の計算
(5)限度時間を超える時間外労働の取扱い
(6)月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金・代替休暇
(7)年次有給休暇の時間単位での付与
(8)休日出勤に対する振替休日と代休の取扱いの違い
(9)減給制裁や休業手当などの取扱いの際に必要とされる平均賃金の計算とは

4.管理監督者について
(1)名ばかり管理職(偽装管理職)問題について
(2)管理監督者の適正範囲とは
(3)今後の予防策(具体的実務対応について)

5.労働時間・休憩・休日について
(1)労働時間になるもの・ならないもの
(2)休憩・休日の付与方法
(3)出張時や外出時のみなし労働時間制の導入方法と実務について
(4)専門業務や企画業務に適用される裁量労働制の導入方法と実務について
(5)特定の時期に繁忙期が予定されている場合等の
  変形労働時間制の導入方法と実務について
(6)法定内残業と法定外残業の違い
(7)法定休日労働と法定外休日労働の違い
(8)36協定(時間外労働・休日労働協定)の締結・法的効果について

6.休暇について
(1)年次有給休暇の発生要件と付与日数
(2)年次有給休暇の買い上げは問題があるのか?
(3)年休申請を1週間前までとしても問題はないのか?
(4)退職日が決定している際の年休一括請求にどう対応すべきか?
(5)年休請求に対する時期変更権とは?
(6)その他の法定休暇・休業についてのリスク・マネージメント
(裁判員休暇・産前産後休業・生理休暇・育児休業・介護休業・看護休暇など)

7.就業規則について
(1)何故就業規則を作成しなければならないのか?
(2)就業規則が業務命令の根拠になる?

8.法改正・最新判例情報など
講師プロフィール

井原隆彰労務管理事務所
特定社会保険労務士

井原 隆彰(いはら たかあき)氏

福岡県出身。大学卒業後、平成2年「株式会社サンリオ」に入社。平成8年「人事管理教育センター」に入所後、企業における人の問題を解決する労務管理のコンサルティングや講演活動を行う。平成16年に「井原隆彰労務管理事務所」を設立。「ヒト・モノ・カネ」を有機的に結びつけた経営・労務管理のコンサルタントとして、従業員のやる気を引き出す制度作りや教育及びリスクマネージメントなど、顧問企業や団体に対する労務管理の指導・相談業務や企業・事業主団体などでの講演・セミナーを精力的に行っている。
 社会保険労務士・キャリアコンサルタント・交流分析士など。

会場案内
【 会場 】
福岡市博多区下川端町2-1
博多座・西銀ビル13階 セミナー室
※駐車場は準備しておりませんのでご了承ください

【 最寄り駅 】
(地下鉄)中洲川端駅 下車 7番出口
(西鉄バス)川端町 下車

このセミナーに申し込む申込みフォームへ

ページの先頭へ